ハッカ油を肌に直接つけて大丈夫?マスクにスプレーして安全に使う方法!

こんにちは!

 

みなさんはハッカ油を使われたことはありますか?

 

たくさんつけてしまうと目にしみたり、咳き込んだりして大変ですよね(^^;

 

ハッカ油はお風呂に入れたり虫よけスプレーにしたり色々な使い方がありますが、今年はマスクにハッカ油をスプレーして少しでもマスクを涼しく快適に着けられるようにされている方がいらっしゃいます!

 

ハッカ油をマスクにスプレーするようなのですが、スプレーしたマスクを肌に直接つけても大丈夫なのでしょうか?

 

そこで今回は、ハッカ油が肌に直接ついても大丈夫かどうか詳しく調べてみました!

 

マスクにハッカ油をスプレーするときの安全な方法もご紹介しておりますのでぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

ハッカ油を肌に直接つけても大丈夫?

 

 

ハッカ油を原液のまま肌につけるのは安全とは言えないようです。

 

ハッカ油を原液のまま肌に直接つけると「ヒリヒリ」したり、かぶれてしまったりしてしまうことがあるようですね…。

 

ハッカ油は薄めて使ったとしても、ハッカ油の量が多い場合は肌に影響が出たり強い刺激を感じたりしてしまいます。

 

そのためハッカ油の原液を肌に直接つけることはとても危険ですのでお気をつけください。

 

ハッカ油を肌に直接つける場合はエタノールやお水で薄めて使うのが安全です!

 

エタノールは今売り切れや品薄になっていると思いますので、お水で薄めて使えるのは嬉しいですよね!

 

ハッカ油のスプレーを肌につけると虫よけにもなるので涼しくて虫もこなくて一石二鳥ですよ!

 

またハッカ油は飲んでも大丈夫な成分なのでミントティとして楽しむ方もいらっしゃいます!

 

その場合も入れすぎは良くないので量には十分注意ください!

 

ハッカ油をマスクにスプレーして安全に使う方法!

 

最近気温が高くなりハッカ油をマスクにスプレーする方が増えているようで、ハッカ油で涼しく快適にマスクをつけている方がいらっしゃいます!

 

ですが、マスクは目にとても近いためハッカ油の刺激で目がしみてしまったり、お顔がハッカ油でヒリヒリしてしまうことがあるようですね…。

 

調べてみるとマスクにハッカ油をスプレーしても刺激が少なく安全な方法を見つけられましたのでぜひご参考にしてみてください!

 

ハッカ油スプレーの簡単な作り方!

 

<材料>

■ 水道水 100ml

■ ハッカ油 15滴~20滴

<作り方>

スプレーボトルに水道水とハッカ油を入れて混ぜるだけで完成です!

 

エタノールで作っていないのでそのままにしておくと分離してしまいますが、使われる前に振れば大丈夫ですよ!

 

精製水で作る方法もあるようですが、水道水の方が塩素が入っているのでその分長持ちするようです!

 

ちなみに氷も水道水で作った方がカビが生えなくておすすめですよ!(笑)

 

保管しておくスプレーボトルはガラス、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)などを選び、ポリスチレン(PS)で作られていない容器に入れる必要があります。

 

ハッカ油のリモネンという成分がポリスチレンを溶かしてしまうようですのでお気をつけください!

 

ハッカ油が売っている場所は?

 

次にハッカ油が売っている場所を調べてみましたがネット通販で購入するのがドラックストアよりもお手頃で良さそうでした!

 

しかし、通販でも在庫切れが出てきている商品が多かったので、買われる場合はお早めに購入するのが良さそうです!

 

武内製薬 ハッカ油 20mL 天然

 

 

こちらはレビューが非常に高いハッカ油でお値段もお手頃です!

 

花粉症の鼻づまり対策でマスクにスプレーしている方もいるようなので安心です!

 

加湿器に入れたり虫よけとして使われる方もいらっしゃるようですね。

 

天然 ハッカ油 50ml 日本製

 

こちらは日本製のハッカ油のようで安心して使えます!

 

量が多くて価格がお手頃ということでリピートされる方も多いようです!

 

夏のマスク対策に既に使われた方がいらっしゃるようで、スースーする爽快感が良いようです!

 

【夏 強力 ひんやり冷感クール】マスクスプレー 天然ハッカ配合+ ティーツリー 

 

 

こちらは既にスプレーとなっている商品で、マスクに吹きかけることを考えて作られているのが嬉しいですね!

 

夏にひんやり涼しさを感じるためにもご使用できるので安心です!

 

ティーツリーも爽やかな香りで鼻づまり対策で使われる方がいるようなので、ティーツリーが入っているのもポイントですよ!

 

 

 

ハッカ油をマスクにスプレーするときの注意点は?

 

 

ハッカ油をマスクにスプレーする場所はあごの辺りがおすすめです。

 

スプレーできるように薄めていても十分ハッカ油のひんやりとした感じは残っているので、目からなるべく離れた場所にスプレーするのがいいですよ!

 

また、スプレーするのはマスクをつける前にしておき、顔や目に直接つくのを減らすと良さそうです。

 

マスクへのスプレーはマスクの外側で十分効果があるので、ハッカ油が肌に直接つかないように外側につけるようにしましょう!

 

もう1つ、ハッカ油の「スース―」とした涼しさで体も涼しくなっていると勘違いして、熱中症にならないように注意してください。

 

皮膚が涼しく感じているだけなので、実際の体には熱がたまり熱中症になってしまうこともあるようです。

 

そのため、長時間炎天下にいたり、水分補給を忘れてしまったりしないように十分ご注意ください。

 

 

ハッカ油をマスクにつけすぎてしまったら?

 

ハッカ油をマスクにつけすぎてしまうことがあるようでその場合の対処法を考えてみました。

 

ハッカ油は揮発性の高い成分でできているようなので、もしマスクにつけすぎてしまった場合はドライヤーで乾かすように風を当てるとハッカ油の成分が早く揮発してくれるでしょう。

 

水で洗う方法もありそうですが、すぐに使いたいことを考えるとドライヤーで乾かして成分を揮発させてしまうのが良さそうです。

 

ハッカ油をマスクにスプレーした効果は?

 

 

ハッカ油を使ってどのくらい涼しさを感じられるのでしょうか?

 

実際マスクにつける量は1プッシュでも十分効果が期待できます!

 

逆にスプレーしすぎると刺激が強くなりマスクをつけていられなくなってしまいますのでご注意ください><

 

どのくらいスプレーされるかにもよりますが、1プッシュで数時間は効果が続きます!

 

ハッカ油を1つ購入しておけば来年も使えそうですね^^

 

ハッカ油をマスクにつけると涼しい?

 

実際に私以外にもハッカ油をマスクにつけてみた方を探してみました!

 

 

マスクにハッカ油をスプレーする方法がまだあまり知られていないようで、スプレーするときは注意して使う方が良さそうですね><

 

涼しさを通り越して寒く感じる方もいらっしゃるようなので十分ご注意してお使いください!

 

ハッカ油はコロナを除菌できるの?

 

 

ハッカ油がコロナを除菌してくれるという情報は、厚生労働省のサイトで探してみましたが今のところありませんでした…。

 

虫よけにはなるようですが、コロナはエタノールなどでないと除菌できないようです。

 

ただ風邪予防には効果的なようで夏でも冬でも使える優れものですね!

 

最近ニュースを見たときにウォッカでコロナが除菌できると言われていて「本当(*_*)?」とびっくりしてしまいました(^^;

 

なのでもしかしたら今後ハッカ油もコロナに効果があると言われるようになるかもしれないので、そのような情報が入りましたら追記させていただきます!

 

まとめ

 

「ハッカ油を肌に直接つけて大丈夫?マスクにスプレーして安全に使う方法!」についていかがでしたか?

 

正しい使い方をすれば夏のマスクもハッカ油で乗り越えられそうですよね!

 

また、ハッカ油には色々な使い方ができる優れものですので、みなさんも安全な使い方でハッカ油を試してみてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました☆