宇多田ヒカルの性格は母親になって変わった?若い頃と最近を比較して調査

こんにちは!

 

みなさんは母親になられた宇多田ヒカルさんの性格をどのように感じられているでしょうか?

 

私は宇多田ヒカルさんが母親となられてから前よりも優しく包み込むような性格になられた印象を受けました。

 

また、宇多田ヒカルさんが母親になた後に作られた曲も以前とは少し違う感じがします。

 

宇多田ヒカルさんが出産された後の曲は、お母様が亡くなられた時期も入っているので、考え方や性格が変わってもおかしくはありません。

 

そこで今回はこのような宇多田ヒカルさんの性格や作られる曲が、母親となってからどう変わっているのか調べてみました!

 

宇多田ヒカルさんの曲を違った目線から見てみたいという方にもおすすめの記事ですのでぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

宇多田ヒカルの若い頃

 

宇多田ヒカルさんは11歳の頃から作詞や作曲をされていますよね!

 

1stシングルの「Automatic/time will tell」が発売されたときからずっと注目されているような状態で、若い頃も今現在も人気を集められています!

 

まだ学校に行っているような年齢でヒット曲を何曲も出されているのは本当に驚きです(*_*)

 

私は小さいときから宇多田ヒカルさんの曲を聞いていたのでそのときは意識できなかったのですが、大人になって宇多田ヒカルさんがそのような年齢で曲を作られていたことに衝撃を受けました!

 

若い頃の性格は?

 

 

宇多田ヒカルさんの若い頃の性格は、弾けているような明るさがあってキラキラしているイメージがあります。

 

宇多田ヒカルさんのコンサート映像を見ると特にそのような印象を受けますね!

 

2002年に紀里谷和明さんとご結婚されていますが、こちらも19歳ととても早い年齢です。

 

明るく弾けた性格のように見えますが、一方で精神的に大人びた性格のようにも思えますね。

 

また、このとき結婚はされているもののまだまだ歌手として先頭に立って活躍されているので、キャリアウーマン的な性格であったように感じます。

 

お仕事をバリバリこなすキャリアウーマンのような感じがしますね!

 

若い頃に作った曲の印象は?

 

次に宇多田ヒカルさんが若い頃に作られた曲についてですが、私が最初に感じた印象はクラブでかかっているようなおしゃれな曲という感じでした!

 

宇多田ヒカルさんは小さな頃、ニューヨークに住んでいた帰国子女でもあるので、クラブなどの曲も馴染みがあったのかもしれないですね!

 

そして、なんとなくお若い頃の曲は儚い印象を受けます。

 

脆いという感じでは全然ないのですが、青春の儚さのようなものを感じますね(^^;

 

どんな人でも長い人生を考えると学生時代はあっという間で短いと思いますので、そのようなときに作られる曲はもしかしたら儚く感じられるのかもしれません。

 

お母様を亡くされて

 

宇多田ヒカルさんは、2013年にお母様の藤圭子さんを亡くされています。

 

その前の2010年に音楽活動を休止されているので、お休み中で良かったとファンとしては思いました。

 

悲しみの中で作られる音楽もあると思いますが、やっぱり寄り添っていたいときですし、気持ちの整理もしたいときですよね…。

 

宇多田ヒカルさんは2007年に紀里谷和明さんと離婚されていて、その3年後に活動を休止されています。

 

そのような中でお母様を亡くされたというのは辛いものがあったのではないかと感じてしまいますね…。

宇多田ヒカルが母親になってから

宇多田ヒカルさんは、2014年にイタリア人の男性と再婚されています。

 

その後、2015年7月に第1子の男の子を出産されていますね!

 

女性が出産を経験すると精神的に強くなったり、自分の母親や父親への感謝が深まったりするのでその変化が気になります。

 

 

第一子を出産したときのエピソード

 

宇多田ヒカルさんが第一子を出産されたときのエピソードには、とても穏やかな男の子で、よく寝てよくお乳を飲むと話されています。

 

わが子への愛情を感じる母親の言葉ですね。

 

出産されたときには、ご自身のお父様やお母様への感謝も綴られており、ご自身が生まれてきたことや育ててくれたことへの感謝が伝わってきます。

 

母親になってからの性格は?

 

宇多田ヒカルさんが母親になられてからの性格は、若い頃に比べて落ち着いていて、目標も以前よりも明確に持たれているような印象を受けます。

 

また、お子さんのことを何としても守りたいという気持ちが伝わってくるようでとても感慨深いですね。

 

母親になると命のありがたみを感じられる方も多いですが、宇多田ヒカルさんはお母様を亡くされた後に出産されているので、そのようなことを考えることが多いいかもしれませんよね。

 

 

母親になってからの曲の印象は?

 

宇多田ヒカルさんが母親になってからの曲の印象は、とても力強く芯のしっかりとした感じがします。

 

お子さんを出産したことで何にも代えがたい存在ができたというようなメッセージが伝わってくるようで、母親になられてからの宇多田ヒカルさんの曲を聞くとしみじみと温かい気持ちになりますね^^

 

また、それと同時にお母様とずっと繋がっているというようなメッセージも受け取れます。

 

宇多田ヒカルさんとお子さんが繋がっているということを感じ取られて、お母様とも繋がっているということに至ったのかもしれません。

 

さらに、宇多田ヒカルさんが出産された後に活動再開されているので、お母様が亡くなられた悲しみも綴られている曲がある印象を受けました。

 

「Fantôme」というアルバムの「真夏の通り雨」という曲の中には「さっきまであなたがいた未来」とう表現も出てきますので、お母様の存在がとても大きかったことが伺えますね。

 

この曲ではもしかしたら夢の中でお母様に会われていて、でも途中で目が覚めてしまってという見方もできます。

 

もしかしたら、お母様を亡くされてから夢に見ることがあったのかもしれないですよね。

 

宇多田ヒカルさんが母親になってからの曲は、お母様を亡くされた後に初めて出された曲でもあるので、様々な変化や感情が伝わってきてとても心を揺さぶられます。

 

若い頃の曲も母親になられてからの曲も素敵ですが、個人的には母親になられてからの曲の方が感慨深く人生が映し出されているような印象があり好きですね^^

 

まとめ

 

「宇多田ヒカルの性格は母親になって変わった?若い頃と最近を比較して調査」についていかがでしたか?

 

どのような方でも母親になられると性格や考え方が多少なりとも変わりますよね。

 

また、誰かを亡くされても気持ちの変化はあるものだと思います。

 

そのような気持ちを曲に込められるのも宇多田ヒカルさんだと思いますので、これからも宇多田ヒカルさんの曲から様々な想いを感じ取って曲を楽しみたいですね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました☆